37歳運動しない女が6か月で53Kg→48Kg!-5キロダイエットアプリダイエットに成功した方法

結果

ダイエットアプリでレコーディングダイエットをすることで、半年で-5キロの減量に成功しました!運動は苦手なので、走ったり歩いたり身体を動かすことは一切していません。ただただ、毎日食べた物を記録していったら理想の体型になることができたのです。私がどのようにしてこのダイエットアプリダイエットに成功したのかをご紹介させて下さい!

方法

一時流行ったレコーディングダイエットは、ノートやパソコンなどで管理していたと思いますが、今は毎日食べた物を記録していけるダイエットアプリというのがあるんです。私はそのダイエットアプリで毎日の食事内容を細かく記録していきました。

朝昼夜の3食はもちろんのこと、クッキー2枚やチョコレート3個、お茶1杯などという風に、間食の内容や飲み物までできるだけ細かく記録していきます。ご飯に関しては1杯や半分などという感じで、何gまでは細かくは記録しませんでした。自分ができる範囲で細かく記録していたので、習慣になると苦痛に感じることもありませんでした。

それと同時に毎朝の体重も記録することがきるアプリなので、毎朝測った体重を記録していきます。その体重の変化が自動的に折れ線グラフとして表示される仕組みになっているので、昨日より0.3g減ったなどという変化を教えてくれるのです。昨日はこれだけしか口にしなかったからこれだけ体重が減ったのだ、ということが一目で把握することができたので、自分のモチベーションを保つことができたのだと思います。

実際に食べた物を書き出すことで、普段自分がどれだけ無意識に食べていたのかということが実感できました。それによって、自然とダラダラと無駄に食べることが少なくなっていったのだと思います。

工夫

ダイエットアプリでは目標体重を最初に設定するのですが、自分が目指している体重よりも少し低めに設定しておきました。すると、少し体重が減ってきてもまだまだ目標は先にあると思い、気を引き締めて続けることができたのだと思います。少し減ってそこで満足していたら、-5キロまでは減量できなかったはずです。少し厳しめの目標を自分で掲げることで、より真剣に取り組むことができました!

ダイエットアプリだから良かった点・悪かった点

ダイエットアプリの良かった点は、可愛いくまのマスコットが画面に表示されて、体重の変化などを知らせてくれたので楽しく記録することができました。体重が減ったら喜んでくれたり、増えると悲しんだりとリアクションがあるのも良かったです。

ダイエットアプリの悪かった点は、スマホの入力画面が小さ目だったので少し面倒に感じてしまうことがありました。それ以外は本当に使いやすくて良かったです!

ダイエット方法については、乳酸菌ダイエットのサイトを参考にしましたね。

28歳アラサーぽっちゃり女が3か月で58㎏→50㎏!‐8キロTwitterダイエットに成功した方法

(Twitter内でレコーディングダイエットの実況をしたら‐8㎏を達成できた!)
ダイエットで一番大事なことは、モチベーションの維持だと感じています。コンスタントに体重が落ちる時期は良いですが、どんなにストイックに取り組んでも停滞期はやってくるものですよね。そこでダイエットのやる気をいかになくさず走り続けられるかを考えたとき、リアルタイムで情報の飛び交うSNSをチェックすることが一番だと思ったのです。

Twitterでダイエット情報を受信、発信するようになってからは、痩せるためのヒントに困らず、毎日楽しみながらダイエット生活を送ることができました。-8㎏達成というのも、わたしが今まで生きてきた中で一番大幅な体重変化でした!

(Twitterを毎日のダイエット日記代わりに使う!)
まず、朝起きたら体重と体脂肪率をはかり、ツイートします。今日の運動の予定や、目標などもツイートすると「言ったからにはやらなければ!」という感覚が生まれるので、モチベーションアップにつながります。
また、毎日の食事は写真に撮ってすぐにツイート。レコーディングダイエットも、写真に撮ってTwitter上にアップするだけなので、手軽で続けやすかったです。

自分の体重の記録や、食事内容を見返したりするのも簡単です。わたしはランニングもダイエットに取り入れていたので、RunkeeperというアプリをTwitterに連動させて、運動の記録も一緒に残していました。

(ダイエット仲間のフォローや近況報告でモチベーションがアップ!)
フォローするのはもちろんダイエット関連Botや、同じようにダイエット中であることをアピールする人です。探してみると、目標体重や現在の進行状況などを定期的に拡散して、ダイエット仲間を作ろうとしている人はたくさんいました。自分と同じような体系、体重、ダイエットの方法を選んでいる人を探し、フォローしていきます。
そして自分も同じように、拡散希望で目標体重、現在の経過、メッセージなどを載せて自己PRをツイート。共感してくれる人がちらほらフォローしてくれるので、情報交換を始めていきましょう!

(SNSだから、普段の生活では感じられない刺激や発見が多い!)
Twitterでダイエット仲間を作ると、ストイックなダイエットをしている人や、根気よく続けている人など、刺激をもらえる機会がたくさんあります。普段の生活では、ダイエットの話題が出ることはあっても、その数字や内容をはっきりこと細かく教えてくれる人ってなかなかいないですよね?こちら側もでダイエットについて、本音で発言できるところも良いポイントです。
また、ダイエットレシピなども毎日数多く目にするので、気になったら即実践。いちいちレシピを検索しなくても良いという点も助かっていました。気に入ったらツイートして仲間に拡散することも簡単です。

情報発信している人の数が多いので、自分と同じようなダイエットの方向性のユーザーも見つけやすく、悩みを共有できる人もできました。ひとりで頑張るのは過酷ですが、誰かと一緒にダイエットしているという感覚がとても効果的だったのだと思います。
モチベーションを落とさず目標達成できたのは、このような「顔も知らないライバルたち」のおかげだったと思っています。

26歳体育会系女が6ヶ月で58kg→52kg!-6キロ自炊ダイエットに成功した方法

買い弁→自炊にしただけで、-6キロ!
168センチと身長が高めの私は、スタイルがいいと言われたことがありました。
「もっと言ってもらいたい!」と思ったのがきっかけで、仕事帰りや休日にお金を使ってわざわざジムに行ったりするのはめんどくさいな、、と思ったので、今まで自炊をほぼしたことなかったところを自炊に変えてみようと思いました。

一日の食生活!
一人暮らしをしていたので、食事管理はしやすかったです。
朝は、えのきやエリンギなのどキノコ入りの玄米雑炊と、パイナップルやキウイなどのフルーツを摂ります。たまに野菜生活を飲みこともありました。
お昼は自炊のお弁当にします。おかずは毎週末にまとめて作って小分けにし、冷凍保存しておいた、野菜炒めです。具はもやしにんじん、キャベツなど、、作る度に変え、肉も入れます。鳥豚が主でまれに魚でつくることもありました。
それに、玄米とこれまた、手作りの半熟味付け卵を一個添えたものをお昼のお弁当としていました。
晩御飯は、スーパーで安めのお惣菜があったら買いますが、玄米と野菜を摂取することを基本として、19時までに食べ終えるように心がけていました。
晩御飯以降に摂っていたものは基本的に水のみです。

自炊ダイエット+αで、、
15時にたまにはおやつも食べたくなります。
その際には、野菜ジュースやドライフルーツ、ナッツを摂るようにしていました。
また、就寝は22時から23時には就寝するように心がけ、朝は6時頃起床とし、規則正しい生活を送るよう心掛け睡眠時間をたっぷりと取るようにしていました。
そして、余力があるときには、お風呂上りにストレッチをと筋トレを自宅でし、無理のない範囲で身体も動かすようにしていました。

自炊ダイエットだから良かった・悪かった点
自分で食事管理ができることは良かった点です。
自炊がメインになることで、料理の腕も上がりましたし節約にもなりました。
ただし、同じような食生活ばかり送っていると、飽きてきてしますので、多少なりとも食材や味に変化は必要だと思いました。
また、たまには自分にご褒美ということで、ケーキやドーナッツを食べたり、飲みに行くようにしてガス抜きは大事です。